モノを捨てるのは苦労多くて大変

私が住んでいる市町村では粗大ごみの処分にとてもお金がかかります。ベッドや本棚を捨てようと思ったら軽く数千円かかります。

ものを買うのも大変だけど、捨てるのはもっと大変で生きづらい世の中になったなあと痛感。痛感ばかりでは話が進まないので何かいい方法がないかと調べたら、なんとゴミの処分場に自分で持ち込んだら半額で引き取ってくれることが判明。粗大ごみをできるだけ小さくして、せっせと自家用車で運んで処分場へ持ち込みました。

多少の時間がかかるものの、処分する金額が半額になるならラッキーと思ったところに張り紙が。その張り紙には、

「ここに持ち込んでも資源としては活用されず処分されるだけです。できるだけリサイクルショップに持ち込むようにしましょう」と書いてありました。

そうかあ、リサイクルショップに持ち込むという手段もあるのか、と思い、実際に調べてみるとなんとその日処分場に持ち込んだものはリサイクルショップであれば無料で引き取ってくれることが判明。費用がかからない捨て方があるなんて。自分の勉強不足を呪うばかりでした。