ゴミ屋敷

ゴミ屋敷というのは、本当にいろいろなものがあるのでその片付けは大変です。そのため、一人では絶対にできないことを知りました。一人で行うと、知らない間に倒れてしまうこともあるのです。密室で倒れてしまうと、とても危険なので片付ける時は、その点にも注意をして行うようにしています。しかしその片付けをしている時に、自分が欲しいモノが出てくることもあるようですね。母親も昔の人なので、あまり捨てることをしないのです。その母親と一緒に片付けていたら、自分がほしいものを、自宅に持ち帰るようになりました。
祖母は、色々と新しい商品や着物などをたくさん持っていたので、それらを見た時に多分欲しくなったんですね。私からすると、そんなものを持ち帰って母親の家が今度ゴミ屋敷になると思ったことでした。実際に、タンス一つと、食器棚を不用品回収の業者に運んでもらったのです。それらを運ぶことにより、母親の家が今度ギュウギュウになっています。