粗大ごみの回収が無料になる自治体もあるのです。

大掃除や引っ越しで出る大量のごみや粗大ごみの処分に困る方も多いと思います。
大抵の場合は自治体に有料で処分してもらいますよね。

 

ソファー、テーブル、ベッドなどは粗大ごみとして処分をする必要があります。粗大ごみとして処分するときに大変なことは重いことです。

 

リサイクルに出す場合、出張買取だと自宅の玄関まで来てくれて、荷物を持ち運んでくれます。自分ではやらずに済むので楽です。使えるものならリサイクルに出して処分をしています。

 

でも、壊れていたり汚れがひどいものは買取ってくれないので、粗大ごみとして処分をします。粗大ごみの場合は、ゴミの収取場所にまで持ち運ばなければならないので、重くて大変です。台車を使いますが、玄関まで荷物を持ち運び、台車に乗せるまでが大変です。そして、台車から降ろすときにも重くて苦労をします。大きなものだと玄関から出にくくて、これも大変です。

 

力がないので持ち運ぶのには苦労をしています。自宅まで取りに来てくれるといいなと思います。
コンビニや役所で粗大ごみ搬出券を購入する方法が都市部では最もオーソドックスな方法です。
その券をごみに張ってごみ置き場に出し、収集車に持って行ってもらいます。
費用はソファやベット1個で大体500円が相場です。

 

地方へ行くと、自家用車に粗大ごみをごみ処理場へ直接持って行って処分してもらえるところもあります。
この自己搬入の場合ですと、収集車の回収より安価に処分できます。
大体重さ100キロあたり1000円ほどで処分できます。

 

自治体ではなく、業者に頼む方法もあります。
リサイクルショップやごみ処理業者、引っ越し業者などがあります。
値段は業者によりピンキリです。

 

リサイクルショップなら買い取ってもらえるものがあるかもしれないので、比較的お得に処分できます。
しかし、世の中には粗大ごみも無料で処分してくれる自治体もあるのです。

 

大阪府吹田市は、ベッドもソファも自転車も、ごみ置き場に置くだけで無料でごみ収集車が持って行ってくれるのです。

 

この事実を知ったときはとても驚きました。
吹田市から関東へ引っ越す際は、粗大ごみの処理費用はほぼゼロ円で済みました。粗大ごみを出すのは大変なので、できるだけゴミを出さないように、余計なものは買わないようにしています。

 

PR|GetMoney|心の童話|童話|英語上達の秘訣|工務店向け集客ノウハウ|クレジットカードの即日発行じゃけん|住宅リフォーム総合情報|オーディオ|お小遣いNET|お家の見直ししま専科|マッサージのリアル口コミ.com|女性の人生|初値予想|貯蓄|生命保険の選び方|生命保険の口コミ.COM|